元気をくれる「ガンバレルーヤ」

最近の私のお気に入り・・・

皆さんも、ご存知かとは思いますが「ガンバレルーヤ」のお二人。(笑)

左が「よしこ」さん(27才)、右が「まひる」さん(24才)デス。

私の娘でも、おかしくない年齢です。

そんな二人が、かわいいと思える今日この頃。(笑)

本当に最近、よくテレビで見かけるようになりました。

2012年から、今のような形態で活動しているらしいです。

たしか、この二人はワンルームで共同生活をしているはず。

極貧生活を5年もの間、続けていた訳デス。

もうしばらくすれば、一人でワンルームに住める・・・かな!?(笑)

そう言えば・・・

浪花節のような事ばかり言う、うちの親父が言っていた。

「若い時の苦労は買ってでも、しろっ!」

(私の父は、いちいち、めんどくさい・・・いちいち(苦笑))

彼女達は、まだ「若い時の苦労は・・・」なんて言葉が似合うほどの年齢ではないですが、

今、こうして公の場に出てこれるまでの5年の間に、得たモノは大きいはずです。

それと、私が感心するのは夢を諦めずに持ち続けていた事。

何事も諦めてしまったら、そこで終わってしまいますね。

「諦めない!」って、なかなかパワーのいるコトですよ・・・ホントに。

「食レポ」も決して上手とは言いがたく、

かといって「美人」と言うカテゴリーも・・・今ひとつビミョ~。(オマエガイウナ・・・)でも、人様から愛され可愛がられる。それも一つの財産ですね。

昔、聞いた動物学者のこんな話。

チンパンジーの赤ちゃんは、笑うそうです。

(確実に私には、笑顔と普通の顔の区別がつきません・・・)

自分では何も出来ないので、そうやって笑顔を振りまき、

お母さんはもちろんの事、周りの大人のチンパンジーに可愛がってもらい、

自分の面倒を見てもらうそうです。

結論としては「赤ちゃんの笑顔は、自分の面倒を見てもらう為の代償」と言った所ですかね。

なるほどぉ~、きっと人間の赤ちゃんも同じかもしれませんね。

ガンバレルーヤのように人様から可愛がられるような要素は、もはや皆無。

かと言って、52歳のオバチャンが笑顔を振りまいたとて、薄気味悪く思われるのが関の山。

時の流れと共に得たモノも沢山あるが、失うモノもある。これも、また然り・・・残念。

「諦めない!」を大切にして、明日からまた頑張りまぁ~す!

 

 明日も全力。