たった一言の影響力

(仕事、「お暮らし」)

2015年10月10日に「柚 おうちPattern教室」をスタートさせました。

そして皆さんに、自分が始めた「教室」を知ってもらうために、

それまで、まったく縁のなかった「SNS」を始めてみました。

Facebookを始めて、ようやく2年です。

そして「ブログ」もスタートさせて一ヶ月が経ちました。

今の感想・・・「手間」と「根気」と「時間」が必要。

敵は想像以上に手強い・・・デス。(笑) 

私なんぞは、SNS上では新参者もいいところ。

FBの「お友達」も全然少ないし・・・。

でも、その少ない「お友達」に励まされているような気がして

今は、前と比べると、ものすごく心強いです。

皆さん、ありがとうございます。励みになっています!ガンバリマス!(笑)

しかしながら・・・もうちと「お友達」がいても良さそうなもんですが。

皆さん、どんな風に「お友達」が増えていったのかしら?

そう、思った時に・・・逆に自分が、なぜこの人に「お友達リクエスト」したんだろう?

と、考えました。 Facebookだけではなくツイッターでもそうです。

なぜ、この人を「フォロー」しようと思ったんだろう?

その人の物事に対する考え方、仕事に対する向き合い方に共感できたから・・・。

もちろんそうですが、そればかりではないような気がします。

人それぞれの「楽しい場面」「ちょっと恥ずかしかった場面」「うれしかった場面」

「悔しかった場面」「へこんでしまった場面」・・・

そんな瞬間の「たった一言の言葉」「たった一行の文章」で、

その人の「本心」を感じる時があります。

私が「お友達リクエスト」していたのは、そういう時でした。

ただの一度として会ったコトのない人。

でも、その人が悔しい思いをした時のお話を読んで・・・

「わかるわぁ~」・・・なぁんて、とても他人事とは思えない気持ちになったりして。

本心から自然に出る言葉には、何か伝わってくるモノがありますね。

「文才」があり上手に文章を書ければ、それに越した事はないですが、

上手に書けているだけで、伝わるモノがそこにないのも寂しいもんです。

「新参者」の私にとって、まだまだ先は長いです。

・・・とは、言っても多少でも先に進んでもらわないと困るんですが。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」で、

「伝わる一言」「伝わる一行」を根気良く腐らずに目指します。

 

 明日も全力。