「元気」の中にも「落とし穴」

(「お暮らし」)

「元気デスカァ~~~!!・・・元気があれば何でもできる!」

 

誰でも一度や二度は聞いた事があるはず!(笑)

・・・確かに! 元気があれば何でも出来るはずですね。(笑)

「いつも元気ねぇ~!(笑)」と、私はよく言われます。(ありがとうございます。笑)

しかしながら私も50才を過ぎ・・・

これまでとは一味違った感じに、調子が悪くなったりします・・・アハハハ

この夏は、なんともまぁ調子が悪かったです。

6月は、あっちこっちの病院へいそいそと出かけて行き・・・

「facebookのお友達」が、あまり増えない代わりに

「お医者さんのお友達」を増やしてました。(笑)

前にもブログで書きましたが、いつまでも若い時の調子が続くとは思ってはいけませんね。

2~3日、休めば元気になる。

それを幸いと思って自分の体と上手に付き合う事も、これから生きて行く上での課題です。

 「健康でいる事」の難しさが、最近わかり始めました。

ある日、テレビを見ていて「瀬戸内寂聴さん」が出ていました。

彼女の人生も、なかなかの波乱万丈ですよね・・・なんか好きなんです。(笑)

 

やはり彼女の元へは、いろんな所から相談をしに、いろんな方がいらっしゃるそうで・・・。

そんな中に、こんな事を言う方がいるそうです。

「先生、私はどこも悪くなった事がないんです」(たぶん、ご年配の方だとは思いますが)

 

確かに、これまで病気一つせず、歳を重ねて来られた事は素晴らしいですね。

でも、その後に続けて言った寂聴さんの言葉に「はっ!」と、させられました。

 

「でも、そう言う人は病気になった人の気持ちが分からない・・・」

 

本当にそうですね・・・誰だって病気になりたくてなった分けではないですから。

具合いの悪い人の前で「私、大丈夫。全然、平気。そんな風になった事ない」

・・・いますね。(苦笑)

患ったからこそ・・・

病気になった人の不安に気付ける。

健康があたり前ではない事に気付ける。

健康の大切さを知る事ができる。

元気です!健康です!・・・素晴らしい事だと思います。

ですが「元気」や「健康」にも、思わぬ落とし穴があったりするもんですね。

 

 明日も全力。