「はじめて教室」初回はピークルパー!!

良くも悪くも一応、終了イタシマシタァ~!!(苦笑)

「はじめて教室」の第一回目。

今日の生徒さん・・・「頭がピークルパァ~~ッ!!」

・・・と、言ってお帰りになりました。(笑)

今日、お見えになった方は、なかなかの勉強熱心!!デス。

自己流で洋裁をやっているようなのですが、

やはりパターンを手に入れるのに、ご苦労されていたみたいです。

本の付録を利用してみたり、人に頼んでみたり、ユザワヤがやっているお教室にも足を運んだ事があるそうです。

私が一番驚いたのは、買った服を分解して、そこから型を抜いたりもしたそうです。

それも一枚、二枚のお話ではないんですよ。(エライッ!!)

「でも、おんなじようにはならないのー!」・・・って、言ってました。(笑)

「で、それをまた縫い直しても、元に戻らないのーっ!」

・・・とも、イッタマシタァ~(笑)

先日の「お茶会」の時に、そんな話をして二人で大笑いしましたが、

その熱意には感心しました。

私も、その「熱意」を見習い、大切にしないと・・・です。(頑張りますっ!!)


「はじめて教室」は、何も生徒さんばかりにとっての「はじめて」ではありません。

その事を、今日は心が折れるぐらい私は痛感しました。(汗)

今日の為に、色々と準備をし、原型を書く手順も考えたつもりでしたが・・・

所詮、つもりは「ツ・モ・リ」です。(苦笑)

改善点が山盛りモリモリてんこ盛りぃ~~~~っ!!

「原型」は、あの複雑怪奇な数式に圧倒されてしまいますねっ!?・・・マジで。

原型が出来てパターン展開になれば、今度はデザインを追いかけるようになるので

楽しくもなるのですが・・・

そこに到達するまで、モチベーションを維持させるのが踏ん張りどころ・・・ですかね。

「原型」も、全貌が明らかになれば頭を抱え込む事の程でもないんです・・・よ!(笑)

複雑怪奇な数式のインパクトがあまりにも強すぎるの「頭がピークルパー!!」に

なってシマウノデスヨ。(笑)

私の作った、つたない説明書を5枚持って生徒さんは、お帰りになりました。

次回は再来週。この二週間の間に落ち着いて説明書を見ていただいて、

今度、お会いする時は「ピークルパー」の「パー」ぐらいは、なくなってくれていると・・・

私も、うれしいデス。(笑)

私にも課題が出来ました。

「スマートに原型を書く方法」を見つける・・・です。

「はじめて教室」は私にとっても「はじめて教室」です。

私もこの教室に育ててもらいます。

 

 明日も全力。