機械を(CAD)使う目的ってなんですか?

(仕事、Patterner、Professional魂)

 

CADは本当に便利で素晴らしいですね。

私も、かれこれ10年ぐらいのお付き合いになりますが・・・。

今は、大半の人がCADを使っているようです。

仕事で他の方がやったパターンを引き継ぐ時も、やはりデータで受け取る事がほとんどです。

仕様書もExcelで作ってきます。

私はそこまで器用ではないので、相変わらずの手書きですが・・・。

でも、そんな便利なモノにも「落とし穴」があったりします。

パターンも仕様書も便利な「データ」で残ります。

似たようなデザインの時はそのデータを使って新型にしていくわけですが・・・。

それが、ちゃんと出来ているようで出来ていなかったりします。

元型は「割り、ロック」・・・でも新型は「後高、ロック」、それが直っていなかったり、

パターンは直っていても「仕様書」の方が直っていなかったり・・・。

 

どんどん進めたいし・・・CADに慣れてくれば事実、どんどんすすめられるし・・・。

仕事をどんどんと、こなす事が優先順位の一番になっている。

そんな風に感じる時があります。

ワタシ的に言えば「本末転倒」デス。(苦笑)

CADの捉え方について前にもブログに書いたコトがあります。

「パターンの指示」と「仕様書の指示」が違う。・・・ありがちなミスです。

 

それを防ぐ為に会社の方針で「パターンには一切指示を記入しない」と決めている所も

あるみたいです。

 

その話を聞くと、私は一つの疑問が頭に浮かびます。

「パターンの指示」と「仕様書の指示」が違う。

だから・・・「パターンには一切指示を記入しない」です。

「パターンの指示」と「仕様書の指示」を、ちゃんと同じにしよう。・・・では、ない。

 

確かに100%は無理だと思います。

「パターンの指示」と「仕様書の指示」とで、違う事も出てきます。

ではなぜ、私がパターンにも仕様書にも指示を入れたいかと言うと、

「間違えるからやめよう」と、してしまうと次から次へと

省く事ばかりが増えていくような気がするからです。

 

「指示は仕様書のみ」は、良いんですが、

たった1枚の仕様書に書ききれない仕様の絵型もあるはずです。

そんな時はどうしているんでしょうか?

別紙に説明図を書いたり、部分縫いを付けたりしていれば問題ないですが・・・。

 

仕事を省く事を覚えてしまうと、大切な事も伝えないまま進行しているのではないか?

そんな気がします。

私は仕様書をパソコンで作りたくありません。

理由は、私は上手にパソコンで絵を書けないからです。

私がパソコンで仕様書を書いたとして・・・

たぶん書きやすい所だけ絵を書いて、書きずらい複雑な所は省いてしまいそうだからです。

「それじゃ、ダメ!」と、思っていても、いざ今日中に仕上げないと・・・なんて時は

そうなってしまうと思います。

イラストレーターの如く、サクサクと、どんな絵でも書けたら話は別ですが(笑)

「自分の出した指示」を見て仕事をする人がいます。

 

「CADを使って便利に仕事する事」と「伝えるべき指示をちゃんと伝えるという事」は

関係ないです。

 

誰にでも間違えは、あります。

自分の発した言葉で動く人がいる。

忘れては、いけませんよね・・・。

 

 明日も全力。