日本人、まんざら捨てたもんじゃないですよ。

(会社、仕事)

この言葉は、私が昔、勤めていた会社の社長が言った言葉です。

その当時で、社員が全国で3000人。と言う大きな会社でした。

その会社では、毎週月曜日に合同朝礼があり、私は毎週、徒歩10分程の所にある

本社近くの「プレスルーム」まで出向いて朝礼に参加していました。

会社の方針で・・・

「セール品に関しては、返品、返金はしない」と、決まっていました。

理由は・・・「返品してもらえる、返金してもらえる・・・」

その事が、お客様の、わがままを通す都合の良い理由にさせないためです。

部下であり社員達が決めた、そんな方針に対して社長が言った言葉。

日本人、まんざら捨てたもんじやないですよ・・・。

20年前に聞いた社長の言葉を、今でも時々思い出します・・・私も、そう思います。

もし、私だったら・・・

セールで買ってはみたものの、やっぱり、これいらない・・・そう、なった時。

目を皿のようにして、たかがしれたキズを見つけ出し、お店に行って

「お金、返してください!」・・・とは、言えない。

大半の人は、たぶんそうだと思う。そんな事ができるのは、少数派。

あの時、社長は、そんな少数派の為に・・・

日頃、自社の製品を買ってくださる、お客様が、もし本当に困っていたら、

どうするんですか?  何もしてあげないんですか?

・・・そんな風に思っていたのかもしれない。

「私達が作っている製品は、素晴らしいです! 良い商品です!」

お客様に、そう思ってもらいたいなら・・・まず、お客様の事を信用しないといけない。

あれから20年経って、あの時、社長が本当に言いたかったのは、そういう事だったのかな!?

・・・なんて、思ってます。  慎重になる事も大切ですが、時と場合によりますね。

日本人、まんざら捨てたもんじやないですよ・・・。

そんな、日本人の情けに助けられて生きてます!・・・ワタシ(笑)

 

 明日も全力。