「1」の持つ意味

(仕事)

工場の方から直接こんな、お話をうかがいました。

「指示書に、コメントなしで糸の色番だけ変更されていました・・・」との事。

で、どうなったかと言うと・・・

「シャツ146枚」糸色が変更されている所を全てほどいてステッチのかけ直し。・・・です。

私の「逆鱗」に触れそうな情報は、ちゃ~んと入ってこないんですよ!(笑)

 

私は後輩が社長をやっている会社に週三日出向いて仕事をしています。

社員ではないです・・・が、一番偉そうな顔してます。(笑)

 

そんな関係で工場の方も私には本心を言い易かったんだと思います。

工場の方が言ってました・・・「OOさんの仕事は、私怖いんです」・・・と。

・・・私もその気持ち、わかりました。

私に出してくる指示も、その人は、そんな感じでしたから。

私の職場は「現場」ではありません。私の持っている単位は「1枚」ではなく「1型」です。

新型を作るのも1回、修正するのも1回です。

ところが現場は違います。

新型1型100枚生産なら100回です。修正も100回です。

修正に関して言えば、修正箇所が1箇所ならまだしも、2箇所3箇所となると

その1枚が、なかなか手から離れて行きません。

指示を出す側の人間は、その事を肝に銘じなければいけないです。

人に苦労をさせる事が平気になってはいけないです。

自分の出した指示で人が動くと言う事を、しっかりと認識するべきです。

パターンの指示コメントで足りない時は別紙に絵も描いてください。

絵でも足りない時は部分縫いも作ってください。

伝えないといけない事を、しっかり把握して伝えられる事を目指して欲しいです。

もちろん私も目指します!

 

 明日も全力。