打倒!潮江!

(「お暮らし」)

「高知県高知市立青柳中学校」私が卒業した中学です。

中学時代バスケ部に入り2年4ヶ月(3年1学期まで)部活動をしました。

残念ながらレギュラーにはなれませんでした・・・(ホントニザンネン 笑)

どういう訳か私達はバスケには不適合の「チビッコ」ぞろい。

でも、なぜか私の代の時に「高知県で2位」と言う輝かしい成績を残しました。

(私はレギュラーじゃなかったですけどね・・・苦笑)

「優勝」は、と言うと決まって「高知市立潮江中学校」です。・・・強かったですねぇ。

このチームのすごいところは・・・バスケットの試合は1チーム5人です。
・・・で、女子部員は私と同世代の5人だけだったと言う事。

控え選手はおろか先輩、後輩もいませんでした。(確か・・・)

普段の練習は、たぶん男子バスケ部とやっていたんでしょう。

 

「潮江の強さ」は「抜群のシュート力」だったと思います。

 

フリースローラインはもちろんの事、ロングシュートが「確実に!」と言っていいぐらい決まりました。しかも5人全員です。私の印象はそんな感じでした。

「ポォ~~ン!」で「シュッ!」です。(笑)

打って変わって、我ら「青柳チビッコ軍団」ですが・・・

(ホントにそう言われてました 笑)

「お前らは走って勝て!!」このセリフを何度聞いた事か・・・。

走って!・・・はしって!・・・・ハシッテ!  ホントに走らされましたぁ!!

 

「打倒!潮江!」をスローガンに掲げ、先生、コーチは年がら年中

「優勝するぞ!」「インターハイ行くぞ!」(中学全国大会の事ですね 笑)

と、叫んでいました。

放課後の練習はもちろんの事。土曜日の午後、日曜日、夏休み、冬休み、春休み・・・

ほぼ毎日練習でした。

夏は確か軽く早朝練習もあったと思います。

夏休みには二泊三日で合宿がありました。・・・何処で? 学校で。(笑)

「お風呂はプール」「食事は家庭科室」「寝る時は教室にゴザ引いて雑魚寝」

まぁ!なんと素敵な思い出でしょう!!(笑)

たいして試合にも出られず練習ばかりの2年4ヶ月の部活動でしたが

本気で「優勝する!」「一番になる!」・・・ためには、

普通ではダメなんだ、他人と同じではダメなんだ。と言う事を勉強できたと思います。

選手として華々しい活躍は出来ませんでしたが3年1学期の引退まで辞めずに

部活をやった事は37年たった今でも大きな財産になっています。

 

何か目指すものが出来た時・・・「他人と一緒じゃダメ!」そう思ってますから・・・。

 

 明日も全力。