栗原 はるみさん

(professional魂)

「女子力」としてポイントが高い物として「お料理」がありますよね。

私は決して上手ではない。自身をもっていえます。・・・ハイ。

上手ではないですが「嫌い」ではありません。どちらかと言うと好きな方です。

好きな理由として・・・
*洋服と違って短時間で結果が出る。(例外もありますが)

*仕事ではないので大して責任もない。

以前、市販のパイシートで「キティちゃん」をレシピを見ながら型紙を使って作りました。

結果・・・「出たな!妖怪!」・・・「化け猫」かと思いました。(ハハハッ!)

レシピを使っても、やはり何事も経験だな!と思いました。

こちらのエプロン姿の笑顔が素敵な女性。料理研究家の「栗原はるみさん」

以前、NHKで彼女のドキュメンタリー番組を見ました。

「リンゴのタルトタタン」と言うお菓子のレシピ作りに密着取材です。

・・・栗原はるみさんの「レシピ本」たくさん出ていますよね・・・。

「100人が作ったら100人がおいしく作れるレシピ」

これが「栗原はるみさん」のレシピ作りのモットーだそうです。

プロ意識の高い「志」だと思いましたが、意外と彼女自身「料理研究家」と言う気負いはなく「私は普通の主婦です」このスタンスを保っているみたいです。

お家にある道具を使ってできる「お料理」それも信条みたいですよ。またそこが良いですね!

「リンゴのタルトタタン」このレシピを作るのに50回以上このおお菓子を作っていました。

まずは彼女自身が「おいしい」と思える味にして・・・。「味」が決まれば、リンゴの皮をむくところから、工程ごとに「材料の分量」「調理の火加減と時間」「途中のお菓子の状態」

・・・などなど。見ていてシビレるぐらい具体的に明確に決めていました。

誰が何度作っても「安定した味と見た目」が得られるレシピにするには・・・

「50回」うなずけます。・・・ウン!

「栗原はるみさん」の仕事ぶりを見ていて・・・

「発信している者の責任感」「おいしくできるレシピを作りたい」

そんな気持ちが伝わってきました。見習いたいと思いました。

 

「リンゴのタルトタタン」紅玉を使うと良いみたいですよ!!(笑)

 

 明日も全力。