「トワルチェック」「サンプルチェック」

(仕事 Patterner)

何年経っても気が重いのは「トワルチェック」「サンプルチェック」

さて、どんな事を言われるのかしら?

そんな事を考えると、ますます気が重くなる・・・。

まず「絵型」を見てどんな感じにしたいかを考える。

本来ならば「リサーチも仕事のうち」なんだろうけど・・スイマセン・・・デキテマセン。

センスのない私が、よくこんな事やってきたと自分で感心する時がありますよ。

・・・ホントニ。(汗)

 

方向性が決まったら・・・製図して「シーチング」を裁断、縫製、または半身ピン打ち。

・・・で、企画の人に「トワルチェック」してもらう。

企画の人のイメージがはっきり決まっている時はチェックが早いです。

イメージが、ぼやけている時は・・・迷いますねぇ。

そんな時に「こんなのは?・・・あんなのは?・・・」と、

少し提案できる事もパタンナーとして重要なポイントかもしれませんね。

「トワルチェック」「サンプルチェック」

何度でも修正しますよ!やり直ししますよ!

そんな潔さを持って自分ではなく他人(企画)の目指すものを追求する事が

パタンナーとしての大切な役割であり使命かもしれませんね・・・。

 

 明日も全力。